コンタクトレンズご希望の際、眼科で診察を受けていただく必要があります。アクアコンタクトにて受付後に隣接の『いその眼科』を受診ください。

いその眼科はこちら

1. 受付(アクアコンタクト)

販売店(アクアコンタクト)にてコンタクトのご案内と説明を行ない、いその眼科へ。その後検査室にご案内します。

2. 検査

大まかな視力と角膜の曲率を測るレフケラトメーターの検査、そして眼圧を測るオートノンコンタクトトノメーターの検査を行います。レフケラトメーターで出た視力の値をもとに視力検査を行い、必要な度数や乱視があるのか等を確認します。

検査結果を基に、検査員と一緒にコンタクトレンズを選びます。選んだコンタクトレンズを装用した状態で再度視力検査を行って、度数の調整を行います。

 

・医療用具承認番号:20800BZZ00730000

・医療用具承認番号:23BZ0277

3. 診察

医師による眼科診察を受けます。コンタクトレンズの度数などが目に合っているかだけでなく、目の状態がコンタクトレンズ装用に適しているかといったことも確認します。   診察後、初めてコンタクトレンズを使う方に、つけ外しの練習である装用練習を行っています。納得できるまでしっかり練習しましょう。また、疑問があったらなんでもご相談ください。

4. お会計

装用練習が終了し、コンタクトレンズのケアや注意事項などの説明を受けたら、処方箋を発行します。 お会計でお待ちいただいている間、アンケートをお願いすることがございます。よりよい医療を提供するため、ご協力いただけますと幸いです。

5. レンズ購入

アクアコンタクトにご移動下さい。コンタクトレンズをご準備します。

定期検診について

毎日快適にコンタクトレンズを使用できていても、気づかないうちにコンタクトレンズが傷付いていたり、眼障害が進行しているケースは珍しくありません。

また、コンタクトレンズ装着に慣れてくると手入れを怠ってしまったり、誤った使用をしてしまうことがよくあります。自覚症状がなくても、眼科でコンタクトレンズと眼の状態を定期的にチェックしてもらいましょう。

そして、眼やコンタクトレンズに少しでも異常を感じた際には、検査スケジュールが先であってもそれを待たず、すぐ眼科医に相談してください。

コンタクトレンズ装用の注意事項

使用期間や1日の装用時間を守りましょう。また、お手入れの不要な1日使い捨てや寝ている時も装用する連続装用コンタクトレンズ以外のコンタクトレンズは、必ずお手入れをしっかり行ってください。適切なお手入れを行わないと、角膜潰瘍や点状表層角膜炎、角膜新生血管や巨大乳頭結膜炎などの眼科疾病に繋がる可能性があります。

コンタクトレンズだけでなくケースもきちんと洗い、最長で3ヶ月に1度は交換する必要があります。きれいに洗わないと真菌や細菌、アカントアメーバが増殖し、それによる感染症が起こる可能性があります。ただし、1日タイプのコンタクトレンズは完全な使い捨てですので、お手入れは不要です。

 

また、災害時にはコンタクトレンズのお手入れが難しくなります。普段は他のタイプのコンタクトレンズをご利用していても、万が一に備えて1日タイプのコンタクトレンズもお持ちいただくと安心です。